注目記事一覧

遊んでいると当たり前のように感じてしまうんですけど、川崎のメンズエステには本当に多くのバリエーションがあるじゃないですか。これだけのバリエーションがあるのは、ある意味では奇跡に近いんじゃないのかなと思うんですよね。実際の所、これだけ同じサー

ショートカットで、さらにはパイパンというWちゃんと遊んできましたが、この二つの組み合わせはある意味とっても新鮮なものになりました。パイパンの風俗嬢とは遊んだことがあります。でも、ショートカットの女の子とは遊んだことがありませんでした。だから

風俗は相手の問題が大きいのは言うまでもないんですけど、相手だけって話でもないのかなって思うんですよね。自分次第というか、自分のコンディションですよね。どんなに「凄い」とか「テクニシャン」だとか評判の風俗嬢でも、肝心のこっちのコンディションが

人それぞれ好きな風俗って違うと思うんですけど、自分の中で一番だなって思っているのはデリヘルなんです。数で言えばデリヘルの方が圧倒的に多いと思いますし、気軽さという点でもデリヘルだと思いますけど、そんな時代でもデリヘルの存在感って別格だと思い

熱意があってとにかくこちらに対して色々とテクニックを駆使して気持ちよくしてくれようとしている五反田のソープの女の子が今回の風俗の相手でした。いろんなタイプの人間と出会ってきた中でも自分としては彼女ほどの衝撃を与えてくれた人はいなかったと思い

行きつけのホテヘルで新人学生の濃厚フェラを満喫!

俺の最近の趣味は最寄りの歓楽街に行き、ホテヘルを利用することだ。この間の休日も遊んできたので、そのときの体験談を紹介したいと思う。現在では受付のない派遣型のヘルスが主流ではあるが、ホテヘルでは受付を済ませてから嬢と一緒にホテルへと向かうケースが多い。俺が2ヶ月に1度は通っている行きつけのホテヘルA店もそのシステムだ。今回指名したのは幼さがウリのYちゃん。20代前半の現役大学生だという。しばらく待合室で待機しているとYちゃんがやってきた。「お待たせしました!よろしくお願いします」まだ入店したてということもあり、若干のたどたどしさはあるが、個人的にはそういうぎこちなさが興奮を誘う。ホテルまでの道中、恋人気分で腕組みをしながら、他愛もない会話を楽しんだ。ラブホテルにチェックインし、サクっとシャワーを浴びる。シャワープレイを楽しむのも良かったが、今回はベッドで完全受け身に徹したいと思っていたので、早めに済ませた。Yちゃんのリアルなプレイを満喫したいというのも理由の1つであったが…。ベッドに移動して、まずは濃厚なDKで雰囲気を作る。舌が絡み合う粘着質な音が興奮を誘った。「んっ…」と、Yちゃんから漏れ出す声がかわいらしい。続いて全身リップ、手コキを体験。慣れない手つきでありながらも、彼女は一生懸命奉仕してくれた。体もムスコも温まってきたところで、いよいよ生フェラである。舌先でチロチロと遠慮がちに舐めるYちゃんの行為は、どこか背徳感すら覚え高揚した。「亀頭を重点的に責めて」「もっと吸い上げてほしい」などの指示はあえて出さないのもポイントだ。彼女のリアルなフェラを楽しむことが、なによりも興奮するからである。我慢汁も溢れ出してきたところで、彼女のフェラにも拍車がかかってきた。小さな口にいっぱいに肉棒を咥え、グポグポという音を立てながら、一心不乱に顔を動かしてくれる。俺も彼女の頭を両手で支え、ピストン運動をフォローした。ムスコが奥まで当たったのか、涙目になりながらも必死でフェラを続けるYちゃん。そのエロくも愛おしい姿を拝みつつ、彼女の口の中に大量の精子を解き放つことができた。フィニッシュ時は少し顔を歪ませていたのも、業界慣れしていない女の子ならではの挙動だろう。俺みたいなSっ気のあるに人間にとっては最高の表情である。早めにフィニッシュを迎えたので、残りの時間はYちゃんとゆっくりピロートークを楽しんだ。このお店はたまに彼女のような掘り出し娘が入店してくるから、ついつい通ってしまう。また次回もYちゃんを指名して、ホテヘル嬢として成長していく姿を追い続けたいと思う。

ぽっちゃりとした女性の抱き心地は、心が寂しかったり辛かったりする時にはほっと落ち着きます。暖かな身体にゆったりと身を委ねて、好みの女性と穏やかなひと時をどうぞお過ごしください。川崎ソープの巨乳ぽっちゃり風俗【美巨乳ソープ 愛】

酔っ払った勢いでホテヘルへ!エロエロなお姉さんに骨抜きにされました

酔っ払った勢いで誰かに電話したり、知らない人に声をかけたりと、気が大きくなる酔い癖がある僕です。この間、友人と飲んだときも酔った勢いでホテヘルに行ってしまいました。「しまいました」と言うと語弊があるかもしれませんが、実は風俗初体験だったんです。少し怖いイメージをもっていましたし、病気になったら嫌だなという気持ちもあったので…。ホテヘルの受付で女の子を指名し、近場のラブホで待機。1人でラブホに行くなんて人生初だったこともあり、酔っ払っていたとはいえ、若干の恥ずかしさはありました。十数分待っていると女の子が到着。20代後半くらいのOL風で、容姿は良くもなく悪くもなく、普通というのが正直な感想です。ただ、明るい性格で話しやすく、印象はとても良かったです。風俗嬢ってサバサバしている女の子が多いと聞いていましたから。シャワーで体をきれいにしてもらって、歯磨きも念入りにします。酔いも少しずつさめてきました。大きなベッドに横になり、プレイスタート。キスや全身へのリップサービス、普段は舐められないような恥ずかしいところもねっとりと刺激してくれました。短めのコースを選択していたので、フィニッシュまでイケるかどうか心配していましたが、ムスコは元気満々。はちきれんばかりに勃起していました(笑。プレイを69に移行し、僕も彼女の性器を弄ります。初対面の女性の陰部を見ているというシチュエーションがこんなに興奮するとは思いませんでした。病気とか気にせずに本能のままにクンニを楽しみます。「んっ…、指でも弄って、奥が好きなの…」こんなこと言う女性っているんですね。演技だとしても単細胞な僕は興奮しっぱなしです。強弱つけながら指入れを施していると、溢れ出てくる愛液。彼女の喘ぎ声も大きく、エロさを増していきました。「すごい!気持ちいいっ!あんっ、イクイク…」目の前にあるお尻がビクビクと上下に痙攣し、彼女の中が収縮運動を繰り返しているのが指に伝わってきます。どうやら彼女は絶頂に達したようですが、僕のムスコもそろそろ限界。最後に騎乗位素股をお願いしました。ローションをたっぷりとムスコに塗りたくり、お互いの性器を密着させます。彼女の体重がのしかかり、圧迫感が心地よくてたまりません。大きいおっぱいの感触を楽しみながら、彼女の腰つきに我慢できず発射!正直挿れているより気持ちよかった気がします。お姉さんに「また遊んでね」とキスをしてもらいプレイ終了。小悪魔っぽさ漂うあの微笑みが今でも忘れられません。今度はお酒の入っていない状態で利用してみたいです。風俗への怖いイメージも今回でかなり払拭されたので、新しい大人の遊びを発見できて良かったと思います。