風俗の仕事はしたくないけど、お給料の良い仕事がしたいと思いリフレの面接に行ってきました。私の年齢は25だったので「微妙かなぁ」と思いつつも勇気を出して面談へ。リフレ自体のことをあまり良く把握はしていなかったのですが、指定の場所に行ってサービスを提供するくらいなものかなと考えていました。膝枕や耳かきなどがメインの仕事なんだろうなと、思いどんな事をするのかを聞くと驚きの結果でした。どうも、セクハラ?まがいの行為やボディータッチなどは当たり前で、下手をするとキスなどの行為もオプションであるのだとか。一瞬「やばいなぁ」と思いつつも、やはり「どんな人が相手だろうと嫌がらずにやらないとダメで拒否は出来ない」ということでした。そりゃお金払っているのだろうし、大変な仕事をする分お給料がもらえるのだろうと思いますしね。店長さんと色々な話をしていく流れで、「例えばリフレのお客さんとして俺が来てたとしてかっこよくて良いなと思ったとするじゃん。雰囲気も良くてエッチな流れになったらどうする?」と聞かれました。凄く真面目に「そこはまだまだ仲良くなってからじゃないと難しいです」と言ったのですが、最終的にはこれがどうもダメだったのか、結局面談は受かりませんでした。後々になってこれって結構シビアな2択だったんだろうなと思います。リフレ店ですから真面目にルールを守って仕事ができるという部分を確認されたのか、もしくはどのような状況になっても仕事を全うできる積極性や人柄を見られたのか、凄く微妙なところです。多分、こういう業種なので、ダメなことはもちろんダメなのでしょうけど、嫌でも演技して仕事をしたり、そのあたりの振る舞いの上手さや性格などを見極めたんだろうと思います。要するに私はリフレの仕事をする上ではお客さんが不満になるような態度をとりかねないような人として判断されてしまったなんだろうなと思います。やっぱり向き・不向きというものがあるのだろうと思いますし、面接している人もプロな訳ですから、どこの馬の骨かも分からないような人間を簡単に雇ってはくれないのでしょうね。次も池袋の他のお店をあたってみようかと思います。

池袋リフレ【きゃらめるぽっぷこ~ん】添い寝/アロマ派遣型

関連する記事は見当たりません…

関連する記事は見当たりません…