交際クラブを利用していると大人な関係を迫られることは当たり前のようにありますが、実際にそれを断ってお茶だけをして帰ることはアリなのでしょうか。これは答えとしてはNOです。なぜかというと、そんな一時的に女性との接点が持ちたくて男性会員はお金を使って紹介をしてもらおうとしている訳ではないからです。簡単にいうと2パタ-ンに別れます。まず、愛人になれるか恋人になれるかです。強く強調させてもらいますが、交際クラブは結婚相談所ではありません。ですので、女性自身も感じられることもあるでしょうが、会って話だけをして1時間過ごしなんの発展性も無ければ、5000円払われて終わりです。それが妥当です。「多く見積もって交通費往復代で1500円」と「移動と面会の時間的拘束代のお礼3500円」といったこの程度の内訳が”交通費”として支払われるだけです。しかし、そんな進展・発展性のないことに男性会員が無駄金を払う気になるのかと女性会員も考えるべきです。キャバクラではないですからね。まず、出会いの接点を作るところまでのことと考えるともらえる金額は当間に必要だと考えてしまいそうですが『それは間違い』です。女性はそれでいいかもしれませんが、数千円をゲットするだけならばそもそも手間がかかってめんどくさいだけで、男性も女性も何も得はありません。しかし、もっとちゃんと交際クラブを理解していただきたいのは『男性は紹介料を払っている』ということなのです。つまり、5000円だけではないのです。紹介料として5万円程度を払っているのです。「それだけの価値のある出会いにできているか」「それに見合う見返りを相手の男性会員に与えることができているか」をちゃんと考えなければならないのです。ですから、絶対にお茶だけで終わるなんてことを考えてはいけません。相手も貴重な時間を有意義なものにしようとしっかりと考えて会いに来てくれているのです。百歩譲って、初回はお茶のみで次回も会う約束をするところまでの展開をちゃんと作らなければいけません。でなければ、個人的に相手を否定することになるため良いことは絶対にありません。大人の関係の前に大人の対応を心がけるべきでしょう。もちろん、全てにおいて交際クラブという世界を意識した大人の事情を汲むことも重要です。そういった理解がないならば利用をしない方が良いでしょう。相手がいるものですからトラブルにでもなった時は自己責任ともなりかねませんからね。
東京の交際クラブ・デートクラブ情報|プレミアム交際クラブガイド

関連する記事は見当たりません…